ビットコインは上昇するも、他のアルトコインは立ち直れないクソパフォーマンスでゴミと化している。

仮想通貨はメジャーなもの以外、絶対買わない事を誓います。

仮想通貨は歓喜の相場がやってきました。

ビットコインは2月13日時点で1BTCで740万を超えてきており、持ってた人は歓喜の渦中にいる事でしょう。さらにイーサリアムも、1EYHあたり、40万円を突破しそうな勢いであります。この二つはある程度相関がありそうです。ただ、2020年の仮想通貨バブルの時にマイナーな仮想通貨、通称「アルトコイン」も買ってみましたが、基本的にゴミと化し、浮上する見込みがありません。大多数のアルトコインは沈んでいったと思います。仮想通貨はメジャーなもの、ビットコインしかダメなのかもしれません。

メジャーな仮想通貨の含み益

ビットコインとイーサリアムについて

ビットコインの持ち数は

0.10283286BTC

資産額768,644円

利益232,386円

利益率+43.33%

やっと利益が出てきました。

 

イーサリアムの持ち数は

1.66730398ETH

資産額662,910円

利益116,473円

利益率+28.95%

こちらも利益が出てきました。

メジャーなこの二つの仮想通貨は、概ね良好なパフォーマンスを維持しています。ビットコインは仮想通貨の中では時価総額が1位、イーサリアムは2位を誇っています。

アルトコインについて

アルトコインでは、私はネム(XEM)という仮想通貨を3年くらい前に買ってみました。有名人ですと、与沢翼氏が大量に保有していました。

こちらの結果は

資産額5,616円

利益-75,630円

損益率-93.06%

凄まじい暴落率です。

ビットコイン上昇の恩恵も全く受けておらず、完全にゴミ扱いされています。

与沢翼氏も、大損しているはずです。

また、遊びで「イーサリアムクラシック」というコインも買ってみましたが、こちらの成績は

購入時価格8,093円 → 4,027円

となり、下落率は50%を超えています。

こちらのアルトコインも、浮上する見込みはありません。

仮想通貨を買うときは、時価総額の高いビットコインまたはイーサリアムしか選択しないことを決めました。

ビットコイン、イーサリアムでもボラティリティが高く、1年間で100%以上変動していますので、リスクを取る場合は金額と、仮想通貨がポートフォリオに占める比率を決めておいて、許容できる金額にしておきましょう。

仮想通貨で得た教訓

私が仮想通貨で得た教訓は、

①ポートフォリオの5%までにして、それ以上になったら売却するようにします。

②よくわからない仮想通貨(アルトコイン)は今後絶対に買わない事とします。

ビットコインも比率が増えたらどこかで売却し、安定的な資産に移行したいと思います。

それまでは夢を買ったと思って、教訓を守りつつ、保有を続けていくつもりです。

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村