【AIと投資分析】これから伸びるセクターはどこなのか。【投資分野】

伸びる分野を把握しておくことは、結構重要かも。

長期投資をするうえで、大切なのは長期的にどの分野が伸びていくのか。情報を得て、その内容を自分なりに分析し、長期的には必ず必要だと思うところに投資することが重要だと思います。

大事な資産を分散する事は、低リスク化につながり、安定したポートフォリオを構築する事になります。

個人的にはNASDAQ100とオールカントリーに集中していますが、ほかの分野も知っておく必要があります。そこで今後伸びる分野は何なのか、AIに聞いてみました。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけるとありがたいです。

👇

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

これから伸びるセクターは何か?

まずはChagtp4に質問します。

私はAIが最も伸びる分野だと思っていますが、AIの見解を聞いてみました。その回答は以下の通りです。

将来的に成長が見込まれる産業に関して、AIやテクノロジー関連セクターは依然として大きな注目を集めています。特に、AI技術の応用範囲が拡大していることから、この分野への投資は有望と考えられます。NASDAQ100のようなテクノロジー重視の指数は、こうした成長セクターへの露出を提供し、長期的な視点から見れば、革新的な技術企業への投資は引き続き魅力的であると言えます。しかしながら、リスク分散の原則に従い、複数の産業や地域にまたがるインデックスにも目を向けることが重要です。経済のグローバル化と技術の進歩が進む中で、新興市場や再生可能エネルギー、バイオテクノロジーなど、他の成長セクターにも注目する価値があります。

ここで出てきた、新興市場や再生可能エネルギー、バイオテクノロジーについて、具体的に調査していきます。

新興市場に投資するMSCI Emerging Markets Index

新興市場のインデックス、

MSCI Emerging Markets Index

とは何か。

日本で買える銘柄は

1681 – 上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)

という商品です。

これは幅広く新興国に投資をしており、このファンドの主な投資先は、

中国(約31.36%)、台湾(約14.78%)、インド(約13.69%)、韓国(約11.97%)、その他(約28.2%)

で、これらの国・地域の経済情勢に影響を受けやすいことに注意が必要です。

中国台湾などの投資環境に適さない緊迫した情勢の中で、それらの国に投資すべきなのか?議論の余地がたくさんありますが、少額なら良いのかもしれませんね。

再生可能エネルギーに投資する、S&P Global Clean Energy Index

これは、世界中のクリーンエネルギー関連企業の株式パフォーマンスを追跡する指数です。この指数は、太陽光、風力、およびその他の再生可能エネルギー源からエネルギーを生産する企業に焦点を当てています。この指数の目的は、クリーンエネルギーセクターの投資機会を反映し、投資家に持続可能なエネルギーへの露出を提供することです。

その代表的な商品は、以下です。

iShares Global Clean Energy ETF (ICLN)

再生可能エネルギー企業に分散して投資するETFがあります。

iShares Global Clean Energy ETF (ICLN)は、太陽光、風力などの再生可能エネルギー源からエネルギーを生産する企業に投資しています。このETFは、世界中のクリーンエネルギー株へのアクセスを目指しています。

バイオテクノロジーへ投資する。

バイオテクノロジーへの投資には高い成長潜在力がありますが、同時に高いリスクも伴います。そのため、投資を検討する際には、業界の動向や個々の企業の財務状況、研究開発の進捗などを十分に調査し、リスク管理を念頭に置いた上で慎重に判断することが重要です。

代表的な商品は以下になります。

iShares Nasdaq Biotechnology ETF (IBB)

このETFは、NASDAQ Biotechnology Indexに連動する投資成果を目指しており、バイオテクノロジーおよび医薬品企業に広範にわたって投資します。

iShares Nasdaq Biotechnology ETF (IBB)の主要な保有銘柄には、アムジェン、ギリアド・サイエンシズ、リジェネロン・ファーマシューティカルズ、バーテックス・ファーマシューティカルズなどが含まれています。これらの企業はバイオテクノロジー業界の大手で、ETF全体の資産の大きな割合を占めています。

まとめ

AIの見解によると、長期投資の鍵は、将来性のある分野への理解と投資です。特にAIやテクノロジー、新興市場、再生可能エネルギー、バイオテクノロジーなどのセクターが注目されています。分散投資を通じてリスクを低減し、安定したポートフォリオを目指すことが重要です。具体的には、NASDAQ100やオールカントリー指数に加え、新興市場や再生可能エネルギー、バイオテクノロジーへの投資も検討する価値があるとの見解です。

これらはたしかに伸びる可能性のある分野です。少しはポートフォリオの一部に入れておくことも、選択肢としては良いかもしれません。また、最適な比率は具体的には決められません。個人のリスク許容度判断により異なりますので、ご注意を。

私は今のところ、新興市場としてのインドへの投資は少ししています。その他AIが挙げた再生可能エネルギーとバイオテクノロジーについては私自身があまり理解していませんし、投資するつもりは殆どありません。現時点ではAI分野がぶっちぎり一位であると思っているので、今のうちにNASDAQ100に投資を継続していきたいと思います。

これから伸びる分野の順位付けとその根拠を聞いてみた。

これから伸びる分野とその根拠は何か?ChatGpt4に質問し、以下の回答を得ました。

これから伸びる分野の順位付けは、さまざまな要因に基づいて変動する可能性がありますが、以下は一般的な見解を基にした順位付けです。この順位付けは、現在のグローバルなトレンド、技術革新の速度、各セクターが直面する社会的・経済的課題への対応能力に基づいています。

  1. AI (人工知能):
    • 根拠: AIは幅広い産業に革命をもたらす潜在力を持っています。医療、製造、サービス業から金融に至るまで、AI技術の応用範囲は日々拡大しており、効率性の向上、新たな価値の創出、複雑な問題解決に貢献しています。また、ビッグデータの分析と組み合わせることで、より洗練された意思決定が可能になります。
  2. クリーンエネルギー:
    • 根拠: 気候変動への対応として、再生可能エネルギーへの世界的なシフトが加速しています。太陽光、風力、水力などのクリーンエネルギー源への投資は、環境保護の観点だけでなく、エネルギーセキュリティの向上とコスト削減の観点からも重要です。政府や企業の環境に対する意識の高まりにより、このセクターの成長が見込まれます。
  3. バイオテクノロジー:
    • 根拠: 人口の高齢化と健康への関心の高まりは、バイオテクノロジー分野の成長を後押ししています。遺伝子編集、個別化医療、バイオ医薬品など、この分野のイノベーションは医療の質を向上させ、新たな治療法を生み出す可能性を秘めています。また、パンデミックによる影響もあり、バイオテクノロジーへの投資と研究が活発になっています。
  4. 新興国:
    • 根拠: 新興国は、世界経済における成長の主要なドライバーです。人口の増加、中間所得層の拡大、都市化の進展などが、消費と投資の拡大を促進しています。しかし、政治的不安定性や経済政策の不確実性など、リスク要因も大きいため、他のセクターと比較して順位が低くなります。

以上の事から、やっぱりAIが影響力を及ぼす産業は全産業に渡るため、AI自身が、AIが一位で一番伸びるセクターだと思っているみたいですね。

 

お勧め商品

読書量が自然に増える。本を読むならポケットサイズで持ち運び便利の6インチ電子書籍リーダー:
Kindle (16GB) 6インチディスプレイ 電子書籍リーダー

月額980円で本読み放題のサブスク:加入すれば、もったいないから本を読みまくる。kindleとセットで読書習慣が身につく。
kindle unlimited 

 

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村