リスク管理③ リスクをコントロールする。本当に優れた投資家のリスクのとり方。

利益を得るために理解した上でリスクをとること。

 

投資でリスクとリターンは切り離せない関係です。

リスクを意識する上で必要なことは、

①リスクを理解する

②リスクを認識する。

③リスクをコントロールする。

この3つの段階を理解することで、リターンを得ることができます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

「①リスクを理解する」と「②リスクを認識する」については過去の記事に書きましたので、ご参照下さい。

リスク管理① リスクを理解する。破滅を防ぐために考えておかなければならないこと。

リスク管理② リスクを認識する。今は高リスクなのか気づく方法

 

今回は「③リスクをコントロールする」ことについて書きたいと思います。

 

ハワード・マークス氏の名著「投資でいちばん大切な20の教え」を参考にしています。

amazon
投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識

楽天ブックス
投資で一番大切な20の教え 賢明な投資家が知らない隠れた常識 [ ハワード・マークス ]

楽天kobo
投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識【電子書籍】[ ハワード・マークス ]

 

優れた投資家は、すぐれたリターンを得る能力と同じくらい、リスクをコントロールする能力を持っている。

 

投資で高いリターンを上げた人は、新聞にのったり、インターネット上でも有名になっていますが、逆にリスクコントロールをしっかりして、損失を大きく減らしても、有名になることはありません。相場が良い時期には特にそうです。

しかし、リターンに対して水準より低いリスクをとれる人こそ、本当に価値のある、優れた投資家と考えられます。

なぜならば高いリスクを取って、高いリターンを得たとしてもそれは当たり前であり、能力とは別に、運の要素でたまたま当たった可能性もある。それを長期的に達成できていれば話は別です。投資の達人、ウォーレンバフェット、ピーターリンチなどは高いリターンを上げるだけでなく、破滅するような巨額な損失を出し、市場から消えること無く、何十年も安定した成績を上げています。

このように長期的に成功するには、優れたリターンを上げることよりも、少ないリスクでそこそこのリターンを上げられる方が長期的に利益を出し続けらる、価値のある優秀な投資家で有ると考えられるのです。しかし他の投資家よりも、低いリスクで同じリターンを達成するのは素晴らしい偉業なのですが、たいていはひと目につかず、評価されていません。悪い時期にならないと、わからないからです。




利益を得るためにリスクを理解し、リスクコントロールをする

投資におけるリスクコントロールの必要事項を3つあげます。

リスクを理解し、認識する。

詳細は過去記事「リスクを理解する」「リスクを認識する」をご参照ください。

 

投資を実行する時は、必ずリスクへの見返りを遥かに上回るリターンが期待できると確信した場合に限る。

そのためには資産の本質的な価値と、価格の関係に目を向けておくことです。

本質的価値の詳細については過去記事、下記のリンク先を参照して下さい。

バリュー投資の方がグロース投資よりリスクが小さい。資産の本質的価値を把握すること。

 

危機時に、株式などと逆の動きをする資産をポートフォリオに入れ、損失を減らす。

アメリカ国債や現金、ゴールドなどの安全資産を必ず入れて資産を分散しておくことです。同じ動きをする資産のみでポートフォリオを固めると、危機時に破滅する可能性があります。

※ここで注意したいのは、リスクコントロールとリスク回避は同じことではありません。全てのリスクを回避する事は誰でもでき、永遠にリターンを得ることはできないからです。

 

まとめ

リスクコントロールとは、

しかるべきとき

しかるべき資産について

しかるべき価格で

リスクを取る

ことです。

長期的に成功するには、やみくもにリスクを取ることではなく、リスクをコントロールすることです。

好況時に大きなリターンを上げることよりも、リスクコントロールで危機時に損失を減らす事こそが、投資家として生きていくために本当に必要なことなのです。




おすすめ投資本

投資の成績を上げてくれる、おすすめ書籍をご紹介します。

 



↓↓↓のネコバナーを押してくれるとありがたいです!😁ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。