ハイテク株の続落。巨大ハイテク銘柄をチャート分析しました。【APPLE・GOOGL・Amazon・Microsoft】




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

抽選販売専用 PlayStation5
価格:54978円(税込、送料無料) (2021/12/18時点)

楽天で購入

 

 

 

12月も第三週目が終わりました。米国市場は軟調であり、特にNASDAQ100のハイテク関連株が売り込まれる結果となりました。私のもっているメインの株はハイテク株なので、大きなダメージを受けています。ニュース等ではオミクロン株懸念が続き、ハイテク株にダメージを与えているとのことですが、それだけが理由ではなく、何らかの調整が入っていると思います。NASDAQ100指数の主力銘柄であるグーグル、アップル、アマゾン、マイクロソフトの株価を調査します。

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

1. NASDAQ100のテクニカル分析

まずは総合指数のチャートからです。

日足の半年間のチャートです。

中期的には上昇トレンド、短期的には下降トレンドに入っています。

まだ少し値を下げていきそうです。オミクロン株がきっかけに調整が入りましたね。

短期的トレンドの支持線まではまだ距離があります。もう少し下げていく動きです。




2.ハイテク個別株のテクニカル分析

GOOGL

まずはグーグルから。コロナ禍でも絶好調であり、価格が相当上昇しております。

日足の半年間のチャートです。

中期的には上昇トレンドが続いています。短期的には若干下落しているように見えますが、そこまで弱いチャートではないようです。そろそろ反転するチャートと思われますが、これ以上値を下げて支持線をチャートが下に突き抜けてしまうとトレンドが下落に変わるので、要注意です。

 

APPLE

続いてアップルを見てみます。半年間の日足のチャートです。

中期トレンドは上昇トレンドです。短期トレンドの支持線は急上昇です。これは自動運転車に参入するというニュースが、プラス要因として市場に捉えられたためです。さらに中期トレンドの抵抗線を上に突き抜けています。短期的に上がりすぎたので、下落する幅が大きくあり、下落する可能性の方が高いのかもしれません。




AMAZON

最近不調なアマゾンです。半年間の日足のチャートを見ます。

中期的には上昇トレンドですが非常に緩やかです。他のハイテク主力銘柄に比べると見劣りします。短期的には下落気味のチャートですが、中期トレンドの支持線に接する直前なので、反発する可能性の方が高いと思われます。

Microsoft

Microsoftも最近好調でした。半年間の日足のチャートを見てみます。

中期的に上昇トレンド、短期的には下降トレンドになっています。チャート的にはしばらく下落が続いていくと思われます。もしも310$を下回るとすると、下落トレンドが継続して行く可能性があります。



3.手持ち銘柄の成績

ここ一週間続いた下落の影響を調べます。私の米国株ハイテク銘柄の結果を確認してみます。

GOOGLの成績(先週比)

株価: 2960.03$ →  2834.50$

資産額: 3,356,171円 → 3,222,883円

−133,288円 -3.9%

一週間で3.9%減です。しかしチャート的には反発する可能性があります。

APPLEの成績(先週比)

株価:179.45$ → 171.14$

資産額 3,214,760円 → 3,074,516円

-140,244円 -4.3%

なかなか下げていますが、チャート的にもまだ下がる余地がありそうです。

AMAZONの成績(先週比)

株価3444.24$ → 3400.35$

資産額 781,037円 → 773,253円

-7,784円 -0.99%

下げ幅は少ないです。チャート的にも支持線に支えられ、下落が抑制されているイメージでしょうか。

Microsoftの成績(先週比)

株価342.54$ → 323.8$

資産額 1,281,661円 → 1,214,951円

-66,710円 -5.2%

それなりに下落していますが、まだ下げ幅はかなりあります。310$付近まで下がる可能性が高そうです。

主要銘柄の損失合計

ハイテク主要の上記4銘柄の損失は

マイナス348,026円でした。

約35名の福沢諭吉が消えたことになります。

結構痛い金額です。




4.まとめ

各銘柄のチャート分析結果。

NASDAQ100

まだしばらく下落する余地がまだあり、しばらく下降トレンドが続く余地が高い。

GOOGL

このまま支持線に支えられて反発する、または支持線を突き抜けると、2750$くらいまで下がる可能性がある。

APPLE

短期間の上り幅が大きかったので、まだ下がる可能性がります。

Amaon

支持線に支えられ、下落は最も少ない。チャート的にはこれから短期的にリバウンドの可能性がありえる。

Microsoft

これまでの上昇幅が大きかったので、下落幅はまだある。

以上がまとめです。

各銘柄ともすべて中長期的には上昇トレンドであり、支持線に支えられてリバウンドするか、突き抜けてさらに下落していくのかの瀬戸際にありそうです。

①NASDAQ100指数、APPLE、Microsoftは下落の可能性が高い、または下落幅が大きい。

②Amaon、GOOGLは下落の可能性または下落幅が小さい。

ことが考えられます。

下落が続いていますが、現時点では想定内の値動きです。暴落という判断をするにはまだ時期尚早かと思います。

※あくまで短期的なチャート分析からの予測です。必ずしも当たるわけではありませんのでご了承ください。今回説明はしておりませんが、MACD、RSIからも総合的に判断しております。






長期投資家として

私は長期投資家のスタンスです。これらの保有銘柄は将来性が高いので、現状の短期的な値動きに惑わされずガチホしていくつもりです。

 

関連記事

短期投資の必殺技その2 MACD RSI ボリンジャーバンド

3.白樺樹液の贅沢コスメ



 




 

 

投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング


↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ






"PVアクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。