好調過ぎた市場は下落への転換点?いろんな種類の資産が赤字。

雰囲気が悪くなってきた。株や債券は頭打ちのなか、プラス要因を考えてみた。

私は株、債券、仮想通貨を保有しています。その資産チェックを定期的に行っていますが、2023年頭から続いてきた上昇トレンドも、ついに終焉を迎えそうな雰囲気です。

3月も中間ですが、定期的な資産チェックをしました。

ランキングに参加していますので、バナーを押していただけるとありがたいです。

👇

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

資産の確認

仮想通貨以外、見事に全滅。

好調だった日本株がついにマイナス。

希望の光、インドもダメダメ。

債券もダメダメ。

という結果でした。

米国株をマイナスに転落させた主要因は

アップルの低迷です。

主力株だったのですが、ここ2週間で一番のマイナス、10万円オーバーでした。

その理由としてAI投資が遅れたビッグテック代表の烙印を押されて売られました。

バフェット銘柄なのに。経営戦略の悪さが出てしまったのでしょうか。

電気自動車事業への取り組みから撤退し、AI投資を今からして、巻き返しを図るとのことです。

ちょっと投資判断が遅かったですね。ちょっと心配、大丈夫でしょうか。

先々の見込み

直近の見込みを推測してみました。

市場に与えるマイナス要因は何か?例を挙げてみます。

日銀もマイナス金利終了。

アメリカはインフレが止まらず。

トランプが大統領選挙に出馬。

ウォーレン・バフェットが現金保有率を過去最大に。

ハワード・マークスは低金利の時代は終焉を迎えた。

NVIDIA祭り、ハイテク株の熱狂も一時停止中。

でも爆益報告多発。

メディアが投資で儲かる、儲かると報道し騒いでいる。

そろそろ下落トレンドヘの転換材料がそろっていませんかね?

なんらかの起爆剤がないと怖いですね。

プラス要因は何か?考えてみた。

明るい要因があまりないんですよね。

人はマイナスの情報を過大評価するといいますが、それにしても著名人の見解、状況をみていても、短期的にはマイナス要因の方が多いと思わざる負えません。

しかしです、短期的にはやばくても、長期的にはプラスに向かうはずなので、積み立て投資は絶対にやめるつもりはありません。

市場が悪くなり、価格が下落した時は、プラス要因として、「安く買える」ということになります。

長期視点で見ていけば、下落したら安く買えるし、上昇したらそれでうれしい。

長期投資さえ続けていけば、すなわちどちらに転んでも、うれしいという事です。

株と債券、そして少しのギャンブル仮想通貨。

この三つの資産を楽しみながら、また長期投資の大切さを忘れない本を読み返しながら、長期投資を続けていきます。

参考書籍:何度も定期的に読み返すと、長期投資の自信が深まる。

改訂版 金利を見れば投資はうまくいく

マンガでわかる バフェットの投資術(SIB)

ウォーレン・バフェットの生声 本人自らの発言だからこそ見える真実

ウォール街のランダムウォーカー

敗者のゲーム

just keep buying

 

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村