自分が死んでから、資産を子供に与えてはいけないらしい。

財産を与えるのに、死んだ後では遅すぎるその理由。

よく遺産が大きいと相続で親族同士がもめたり、めんどくさくなったり。はたまた相続人の兄弟姉妹たちが敵対し、その後の関係が悪くなるなど良いニュースはあまりない。

そんな場合は遺産は残さない方がいい。という考え方も一理あります。

でも、自分の財産は子供や孫に残しておきたいのが親の心情であると思います。

ではお金を子供や孫に与える最適なタイミングとはいつなのか?

皆さんがせっせと稼いだお金や資産を与えるのに、適した時期をご紹介します。

なんで死ぬまえに財産を与えるべきなの?

その理由は、死後にもらうと、うれしさは半減し、価値は激減するからです。

だいたい子供に資産を相続する時は、機を逸して遅すぎるといわれています。

遺産相続の場合そもそも

自分がいつ死ぬかわからない。

そして自分が死ぬ時まで子供達全員が生きているかすらわからない。

偶然に左右されすぎるからです。

データによると

60歳が中央値

でプラスマイナス20歳が主流です。

つまり子供が相続する年齢は40歳~80歳の間にもなるのです。

ここまで高齢化した後に受け取っても、若い時に比べてお金の価値は、下がっていますよね。

そうすると大切なのは

子供にいつ、いくらぐらい相続させたいのか?

この計画を立て、実行することが必要です。

財産を相続するのに適した年齢

金の価値を最大化できる年齢は、26歳~35歳の間と言われます。

若すぎるとお金の運用、管理ができず、年を取り過ぎるとお金を使う価値や喜びは減っていく。

ということです。子供や孫に贈与するには

すなわち若いうちに、計画的に財産を贈与したほうがいい。

ということになります。

 

まとめ

特に投資家は、財産が一般的に多くなると思います。

これらのお金を子供のためにどのように使うのか。

従来の慣例通り、死んでから贈与するのがいいのか、もしくは生きている間に贈与するのがいいのか。答えは人それぞれだと思います。

ただ、自分が生きている間に財産を贈与するのも一つの選択肢です。

子供や孫にいくらの財産を、いつ与えればいいのか?計画的に考えて、生きている間に贈与することも、お互いにとって喜びの大きい選択肢としての一つの答えだと思います。

今回の記事は以下の書籍を参考にしています。

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

下記のリンク先も参考までに。

老後資金は貯めた方が良いが、ほぼ使わずに死ぬ人が多い理由

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です