長期的な配当成長を狙うETF (VIG) の魅力




↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

概要: 長期的な配当成長を目指す投資家に注目されるVanguard Dividend Appreciation ETF (VIG) の特徴や魅力を解説します。

本文:

長期投資家にとって、配当成長株は魅力的な投資対象です。企業が配当を増加させ続けることは、その業績が安定し、将来の成長が見込まれることを示しています。今回は、Vanguard社が提供するインデックス連動型上場投資信託(ETF)であるVanguard Dividend Appreciation ETF (VIG) について解説し、その魅力を探ります。

VIGの投資対象: 配当成長株

VIGは、NASDAQ US Dividend Achievers Select Indexに連動し、米国の配当成長株に投資しています。このインデックスは、連続して配当を増加させている企業を対象にしており、これにより、堅実な業績と財務状況を持つ企業への投資が可能となります。配当成長株は、不況に強いことが一般的で、市場の変動に対するリスクを低減できる可能性があります。構成銘柄は289社あり、分散投資も効いています。

※構成銘柄上位10社は以下です。

1 UNH ユナイテッドヘルス・グ… 3.70%
2 MSFT マイクロソフト 3.56%
3 JPM JPモルガン・チェース・… 3.50%
4 DIS ウォルト・ディズニー 3.41%
5 JNJ ジョンソン&ジョンソン 3.33%
6 V ビザ 2.90%
7 PG プロクター・アンド・ギ… 2.74%
8 HD ホーム・デポ 2.55%
9 MA マスターカード 2.52%
10 AVGO ブロードコム 2.00%

株価は右肩上がりの上昇を続けています。

セクターのバランス

VIGは、様々な業種の企業を含んでいますが、特定のセクターに重点を置いている傾向があります。例えば、消費財やヘルスケアなどの安定性が高いセクターが比較的多く含まれています。これにより、市場の不確実性に対するリスクを軽減することができます。

 




低コストの魅力

VIGは、経費率が低く、他のアクティブ運用型投資信託と比較してコスト効率が良いとされています。長期的な投資において、コストはリターンに大きな影響を与えるため、低コストのETFは投資家にとって魅力的です。

おすすめのVIGにもリスクやデメリットはあるの?

VIGにもリスクやデメリットが存在します。以下にいくつかのポイントを挙げます。

米国株式市場への集中

VIGは、主に米国株式市場に投資しています。そのため、米国経済の変動や政治的な不安定さがリターンに影響を与える可能性があります。また、他の地域やセクターへの分散投資が不十分な場合、地域や業界特有のリスクを十分にカバーできないことがあります。

成長性の限定

VIGは、配当成長株に焦点を当てているため、高成長が見込まれる株式や成長産業への投資が限定的です。これにより、市場全体の上昇相場に対して、パフォーマンスが低迷する可能性があります。

配当利回りの低さ

配当成長株は、配当の増加を継続している企業が対象ですが、その結果、現在の配当利回りが低いことが一般的です。配当利回りを重視する投資家にとっては、VIGが必ずしも最適な選択肢ではない場合があります。

セクターバイアス

VIGは、様々な業種の企業を含んでいますが、一部のセクターが比較的重視される傾向があります。このため、特定のセクターに過度に依存するリスクが生じる可能性があります。

これらのリスクやデメリットを考慮しながら、個別の投資目的やリスク許容度に応じて、適切なポートフォリオを構築することが重要です。また、市場の変化に注意を払い、投資を適切に調整していくことが望ましいです。




長期投資家に向けた戦略

VIGは、長期的な配当成長を目指す投資家に適したETFです。市場の変動に対するリスクを軽減し、堅実なリターンを目指すことができます。ただし、VIGを含めたポートフォリオの構築には、個別のリスク許容度や投資目的を考慮することが重要です。また、分散投資を行い、異なる地域やセクターの株式にも投資することで、より効果的なリスク管理が可能になります。

 

まとめ

Vanguard Dividend Appreciation ETF (VIG) は、

①不況に強い。

②連続増配株で、財務が強く安定している。

③長期的に市場に存続し続ける可能性が高い銘柄で構成され、分散されている。

などの強みを持っています。

堅実な業績と財務状況を持つ米国企業に投資し、市場変動に対するリスクを軽減できる特徴を持っています。ただし、投資にはリスクが伴うため、適切なポートフォリオの構築と市場状況への注意を払いながら、投資を進めることが重要です。


投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~



Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング

↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ

"PVアクセスランキング




 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村