レバレッジ投資 ifreeレバレッジ S&P500 リターンについて。 2021年12月29日

レバレッジ投資でメイン銘柄である、S&P500の倍の値動きを目標とする商品、ifree S&P500のパフォーマンスを確認します。S&P500の値動きに対してこの商品の動きはどうなのかも考察してみます。




↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

1.一週間の値動きを比較 12月22日~28

1-1 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

S&P500に連動する、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(為替ヘッジ無)の価格を確認します。

12月22日 18,490円 → 12月28日 19,185円

プラス 3.7%

為替ヘッジがないので、円安の上昇分が上乗せされて+になっています。

1-2.S&P500

続いて、通常のS&P500です。

こちらはドル価格なので上昇した価格は、為替(円高、円安)の影響は0で考えられます。

投資信託と比較する場合、投資信託の価格反映は翌営業日となるので、前日の価格で計算します。

12月21日 4649.23$ → 12月27日 4791.19$

プラス 3.05%

1-3.ifreeレバレッジ S&P500

この商品は為替ヘッジありなので、為替の影響を受けにくいです。

12月22日 22,249円 → 12月28日 23,619円

プラス 6.1%

為替ヘッジ有りなので、円安分の利益は少ないです。逆に円高になれば、損失は減るということになります。

 

まとめ

為替の影響を無視したS&P500との比較では、ドル上昇率3.05%に対し、ifreeレバレッジS&P500は6.1%であるので理論通り2倍という結果になっています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)との比較では、為替の利益が上乗せされているので、こちらと比較すると上昇率は2倍にはなっていません。



2.一カ月の値動きでの比較

もう少し長期間、一か月での値動きを比較したいと思います。

2-1 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

11月29日 18,192円 → 12月28日 19,185円

プラス 5.45%

 

2-2.S&P500

 

投資信託であるifreeレバレッジ S&P500と比較する場合、投資信託の価格反映は翌営業日となるので、前日の価格で計算します。

11月26日(28日は日曜のため、26日の結果で比較) 4594.62$ → 12月27日 4791.19$

プラス 4.28%

 

2-3.ifreeレバレッジ S&P500

 

11月29日 21,799円 → 12月28日 23,619円

プラス 8.35%

為替ヘッジありなので、円安分の利益は少ないです。逆に円高になれば、損失は減るということになります。




まとめ

為替の影響を無視したS&P500との比較では、ドル上昇率4.28%の2倍=8.56%に対し、ifreeレバレッジS&P500の上昇率は8.35%であるので2倍にはならず、0.21%小さいという結果になっています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)との比較では、為替の利益が上乗せされているので、5.45%となり、こちらと比較すると上昇率は2倍にはなっていません。

3.一年の値動きでの比較

さらに長期間、一年での値動きを比較したいと思います。

3-1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

2020年12月29日 13,359円 → 2021年12月28日 19,185円

プラス 43.61%

為替ヘッジがないので、円安の上昇分が上乗せされて+になっています。相当円安が上乗せされていますね。

3-2.S&P500

通常のS&P500のパフォーマンスです。

投資信託であるifreeレバレッジ S&P500と比較する場合、投資信託の価格反映は翌営業日となるので、前日の価格で計算します。

2020年12月28日 3735.36$ → 2021年12月27日 4791.19$

プラス 28.27%

 

3-3.ifreeレバレッジ S&P500

 

2020年12月29日 14,513円 → 2021年12月28日 23,619円

+62.74%

為替ヘッジありなので、円安分の利益は少ないです。逆に円高になれば、損失は減るということになります。

 




まとめ

為替の影響を無視したS&P500との比較では、ドル上昇率28.27%の2倍=56.54%に対し、ifreeレバレッジS&P500の上昇率は62.74%であるので2倍にはならず、6.2%大きいという不思議な結果になっています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)との比較では、為替の利益が上乗せされているので、43.61%となり、こちらと比較すると上昇率は2倍にはなっていません。前年と比較すると円安にかなり大きく振れましたので、価格がさらに上昇しています。

4.設定来(3年と4カ月)の値動きで比較

ifree レバレッジS&P500が設定されたとき、2018年8月31日からの値動き。

4-1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

基準値の変動

2018年8月31日 10,714円 → 2021年12月28日 19,185円

プラス 79.06%

為替ヘッジがないので、円安の上昇分が上乗せされて+になっています。相当円安が上乗せされていますね。

4-2.S&P500

通常のS&P500のパフォーマンスです。

基準値の変動

2018年9月1日 2926.46$ → 2021年12月27日 4791.19$

プラス 63.72%

 

4-3.ifreeレバレッジ S&P500

 

基準値の変動

2018年8月31日 10,001円 → 2021年12月28日 19,185円

プラス 91.83%

 

まとめ

期間が3年を超えてくると、リターンが2倍にはならず、1.5倍程度となり、差が縮まっています。

 

総括

結局のところ、期間を長く見ればifreeレバレッジS&P500は、S&P500指数の値動きの2倍に近づかず、差が縮まっています。期間が3年にもなると、S&P500と比較して2倍ではなく1.5倍程度にパフォーマンスが落ちてきます。もし20年もの長期間投資し続けるとどうなるのか。S&P500と比較してもほとんど差がなくなるのかもしれません。逆に下落相場になった場合は、2倍以上価格が下がるリスクがあると考えられます。長期間で見ると、投資するにはあまりよくない商品なのでしょう。ショック級の暴落相場に突入する前に、売り抜けるのが吉かもしれません。

関連記事

レバレッジ投資 楽天レバナス VS 大和レバナス リターンについて。 2021年12月27日



投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング


↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ


"PVアクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。