ifreeレバレッジS&P500 上昇相場での成績 2022年1月7日~3月25日




3月ももう終わりに差し掛かりましたが、爆損中であったS&P500のレバレッジ投資もレバナスに続いて上昇に転じています。米国最強指数S&P500の2倍に連動する投資信託、ifree レバレッジ S&P500をNISA口座に投資してもうすぐ3か月。楽天証券から5%以上下落した場合に受信する、地獄の暴落メールが直近まで受信しまくっていましたが、メール来なくなって久しくなりましたので、そろそろ成績を確認したいと思います。

 

1.投資商品と積立金額

投資金額は、毎月1日に15,000円、スポットでどこかのタイミングで15,000円の計30,000円を積み立て投資しています。

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

2.iFreeレバレッジS&P500の運用成績

iFreeレバレッジS&P500の特徴

まずはこの商品の特徴から。大和アセットマネジメント株式会社の商品であるiFreeレバレッジS&P500は、S&P500指数の2倍の値動きをすることを目標に作られている商品です。年間の管理手数料は0.99%と高めに設定されています。

為替ヘッジがあるので、円高、円安の影響をあまり受けないように設定されています。為替ヘッジは円高になった場合は損失を回避できますが、円安の場合の利益は失います。円安が進行している現在においては、為替ヘッジ無の方が将来的にも良い気がします。できれば為替ヘッジ有と、為替ヘッジ無の2商品を出してもらい、どちらか選べるようにしてほしいですね。




iFreeレバレッジS&P500の投資方法と運用成績(3月21日~25日)

今年2022年1月からNISA口座でiFreeレバレッジS&P500の購入を開始しています。特定口座にも若干保有していますが、今後はNISA口座にメインで資金を投入していきます。毎月1日に定期積立で15,000円買購入しています。今回は3月1日に定期購入しました。以後3/10にも15000円スポット購入しました。

3月21日~25日の3週間でのパフォーマンスを確認していきます。

米国市場を始め、世界市場はウクライナ危機・インフレ、金融引き締めなどの世界情勢を受け、価格が下落しつづけています。若干戻し始めましたがまだ油断はできません。この商品はレバレッジが2倍掛かっているで、上昇も2倍、下落も2倍です。レバレッジ投資は通常よりリスクがありますので、ドルコスト平均法で、少額づつ定期積立しています。また、大きく下げる場面があれば、チャンスと捉えてスポット購入もしていこうと考えています。

購入履歴

現在の評価額

NISA口座での買い付けを開始してもうすぐ2カ月と3週間。ナンピン買いを繰り返した結果、ついにプラス転換しました。

 

現時点での評価額は81,719円

損益は+1,719円

損益率は+2.14%です。

※現時点では3/25(金)米国市場の下落が反映されていません。この日は0.51%上昇しているので、3/25日(月)に1%程度プラスになります。

①損益率の変移

先々週:ー9.29% → 先週:―2.86% → +2.14%であり、ついにプラス転換。上昇相場の様相を見せています。

②損益

先々週日 +9,158円  先週比+3,942円で利益も上がってきています。

NISA口座で投資を始めていますが、やっとプラス転換しました。NISA口座は5年間の非課税期間がありますので、その間のプラス分には税金がかかりません。評価益を増やしていき、レバレッジ商品でNISA枠の効果を発揮していきたいと考えています。残りのNISA枠はレバレッジ商品で引き続き積み立て投資をしていきます。




3.代表指数とのパフォーマンス比較

2022年1月7日から購入を開始したNISA口座と、代表指数とのパフォーマンスを比較します。

投資信託は1日後に価格が反映されるので、代表指数は1月6日からの価格がスタートとなります。

iFree レバレッジS&P500の基準価格の下落率 ー8.11% 

(2022年1月7日:22,674円 3月25日:20,835円)

S&P500指数の下落率 ー3.35%

(2022年1月6日 4677.03ドル  3月24日 4520.35ドル)※投資信託は市場の結果を1日後に反映するので、S&P500指数は前日の2022年1月6日~3月24日との比較となります。

現在、指数の2.42倍の値動きをしています。

下落幅はレバレッジ商品は指数の2倍よりも大きく変動しています。これは理論通りであり、上昇の相場の時は倍以上に上昇するので仕方ないでしょう。

上昇相場での値動き

3月14日を底値に、市場は反転、現在まで上昇を続けています。上昇相場での値動きを指数と比較してみます。

iFree レバレッジS&P500の基準価格の上昇率 +17.36% 

(2022年3月15日:17,753円 3月25日:20,835円)

S&P500指数の上昇落率 +8.32%

(2022年3月14日 4173.11ドル  3月24日 4520.35ドル)※投資信託は市場の結果を1日後に反映するので、S&P500指数は前日の2022年1月6日~3月24日との比較となります。

上昇率は指数の2.09倍となり、2倍以上の上昇となっています。




4.まとめ

上昇相場と下降相場での値動き

レバレッジ投資は上昇相場でも、下落相場でも指数の2倍以上の値動きをしています。これは理論上そうなりますので、予想どおりです。現時点では基準価格は年明けの数値には回復しておらず、厳しい相場が続いています。

そんな中でもドルコスト平均法で定額積み立てをしているので、私のNISA枠内でのポートフォリオは基準価格よりも少ない下落で済んでおり、プラス圏にも転じています。下落相場でのドルコスト平均法の強さが出ています。

今後の投資方針

NISA枠は120万円で、毎月10万円程度の購入を考えていますので、今後も引き続きレバナス7万円、S&P500レバレッジを3万円ずつ毎月1日と15日に分けて買っていくつもりです。

定期積立。これは何があってもヤメてはいけない投資方法です。市場が暴落し、心が折れそうになっても、証券会社で設定しておけば心理的負荷が無く、機械的に買ってくれるのでお勧めです。


投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~



Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング

 

↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ

"PVアクセスランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。