【レバレッジ投資】再び下落。iFreeレバレッジS&P500【4月4日の週間パフォーマンスと2022年の実績】




米国最強指数S&P500に2倍のレバレッジを掛けた投資商品、iFreeレバレッジS&P500。米国市場は不調が続いています。S&P500指数はどうなったのか。  レバレッジS&P500の4月4日~4月8日の間の1週間のパフォーマンスを確認します

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

2.iFreeレバレッジS&P500の運用成績

iFreeレバレッジS&P500の特徴

まずはこの商品の特徴から。大和アセットマネジメント株式会社の商品であるiFreeレバレッジS&P500は、S&P500指数の2倍の値動きをすることを目標に作られている商品です。

年間の管理手数料は0.99%と高めに設定されています。

為替ヘッジがあるので、円高、円安の影響をあまり受けないように設定されています。為替ヘッジは円高になった場合は損失を回避できますが、円安の場合の利益は失います。円安が進行している現在においては、為替ヘッジ無の方が将来的にも良い気がします。できれば為替ヘッジ有と、為替ヘッジ無の2商品を出してもらい、どちらか選べるようにしてほしいですね。




 

iFreeレバレッジS&P500の投資方法と運用成績(4月4日~4月8日)

今年2022年1月からNISA口座でiFreeレバレッジS&P500の購入を開始しています。特定口座にも若干保有していますが、今後はNISA口座にメインで資金を投入していきます。毎月1日に定期積立で15,000円買購入しています。4月15日に15,000円購入する要諦です。今後は毎月1日に15,000円、15日に15,000円の計3万円を少額づつ定期的に購入していきたいと思います。一括でNISA枠全額買わない理由としては、今年は金融引き締めによる長期金利上昇が懸念されており、米国株式市場の伸びが鈍化することに加え、レバレッジ投資は通常よりリスクが高いので、ドルコスト平均法で、少額づつ定期積立しています。

それでは4月4日~4月8日の1週間のパフォーマンスを確認します。

表1.購入履歴

表2.損益グラフ

NISA口座での買い付けを開始してもうすぐ3カ月。先週からプラスに転じていましたが、今週も利益を伸ばすことができています。

現時点での評価額は81,040円

損益は+1,040円円

損益率は+1.30%です。

※現時点では4/8(金)米国市場の下落がまだ反映されていません。この日は0.27%下落しているので、4/11日(月)に0.54%以上マイナスになると考えられます。

①損益率の変移

先々週:ー2.14% → 先週:+2.96% → +1.30%であり、上昇相場の様相を見せていますが、若干下落しています。

②損益

先週比ー1,344円で若干利益が減少しました。

先週よりも利益が減りましたが、まだプラス圏にいます。NASDAQ100に連動する楽天レバナスや、大和レバナス(iFree レバレッジNASDAQ100)よりも下落率が低く、よいパフォーマンスを上げています。




3.代表指数とのパフォーマンス比較

2022年1月7日から購入を開始したNISA口座と、代表指数とのパフォーマンスを比較します。

投資信託は1日後に価格が反映されるので、代表指数は1月6日からの価格がスタートとなります。

レバレッジS&P500とS&P500指数との比較

レバレッジS&P500とS&P500指数との損益率を比較します。

iFree レバレッジS&P500の基準価格の下落率 ー8.87% 

(2022年1月7日:22,674円 4月8日:20,662円)

S&P500指数の下落率 ー3.77%

(2022年1月6日 4677.03ドル  3月31日 4500.54ドル)

※投資信託は市場の結果を1日後に反映するので投資信託の4月8日数字とS&P500指数前日4月7日の数字との比較となります。

現在、指数の2.35倍の値動きをしています。

下落幅はレバレッジ商品は指数の2倍よりも大きく変動しています。これは理論通りであり、上昇の相場の時は倍以上に上昇すると考えられます。




4.まとめ

保有資産の損益の合計

レバレッジS&P500はNISA口座と特定口座に保有していますが、全ての口座を合計すると

投資金額 130,499円

評価額 131,143円

損益 644円

損益率+0.50%

昨年から投資していた特定口座を含めても、かろうじてプラスになっています。

先週一週間ではS&P500はあまり下落しませんでした。

今後も不安定な相場は続いていきますが、定期的に購入を続け、結果を注視していきたいと思います。世界経済は右肩上がりになると信じられれば、投資をやめること自体が損失になります。投資はどんな時でも続けることが重要なのです。

基準価格との損益比較(2022年1月7日~4月8日)

iFree レバレッジS&P500の基準価格の損益率 ー8.87% 

マイポートフォリオの損益率 +0.50%

基準価格の損益率よりは大幅にアウトパフォームしています。現時点では年初の一括購入よりも、ドルコスト平均法、ナンピン買いを選択したため、その効果が出ています。指数がマイナスだから必ずしも負けるわけではなく、いつ買うかという事の方が重要になるのです。


投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~



Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング

 

↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ

"PVアクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。