「瞑想」で集中力を鍛え上げ、自分の時間を増やす。

瞑想がもたらす様々な効果について。瞑想とは集中力を上げて時間不足を解消できる技術。

瞑想は現代社会で注目を集め始めています。その効果の高さは科学的に認知されているからです。瞑想の効果は多岐に渡り、知れば知るほどやらない理由が無く、自分に大きなメリットをもたらしてくれます。

瞑想の起源

瞑想の起源は、今から約紀元前2000年から2500年前のインダス文明(現在のインド)で発生したと言われています。悟りを開くために、お釈迦様が実践していたと言われ、現在まで4000~5000年の長きに渡り、受け継がれているものです。なぜこれほど長く伝えられ、人々が実践しているのか。その答えは実践している人がとてつもない効果を得ることができるのを、理解しているからだと思われます。瞑想というと宗教的なイメージが有るかと思いますが、科学的に様々な効果が実証されているのです。

 

瞑想のおすすめ本を紹介します。

アマゾン 楽天ブックス

瞑想を勉強したい方は、是非参考までに。

瞑想を実践している有名人

 

マインドフルネス瞑想。集中力を増すことで作業効率を上げられ、脳に良い影響にもたらすといわれており、現在では様々な有名人が実践しています。

一例としては、伝説的なバスケットボール選手のマイケル・ジョーダン選手イチロー選手がパフォーマンスアップのために瞑想を実践しており、経営者ではスティーブ・ジョブズビル・ゲイツも創造性を高め、思考の明晰性を高めるために瞑想を取り入れています。

他には、マーク・ザッカーバーグ、リチャード・ブランソン、レイ・ダリオ、ヴィダル・サスーン、松下 幸之助などの一流の人々が瞑想の効果を認め、実践しています。

これら一流の人物は多忙を極めており、一般の人々より時間が不足していると思われる人たちです。彼らは瞑想を取り入れることによって、集中力を高め、あらゆる仕事、作業などのタスクを超効率的に勧めていると考えられます。




瞑想は注意を今、この瞬間に向ける(マインドフルネス)ことで、過去の失敗への悔やみ、未来への不安を消し去り、集中力を高める行為です。未来や過去のことを考えてしまうと、そこに注意が向いてしまい、今の作業に集中できなくなってしまいます。その結果、仕事や作業の効率が落ち、いつまでたっても終わらないのです。そして時間不足となり、ますます不安、心配事が増えていき、作業効率が落ちる、負のループへ突入していきます。このような注意力散漫の状況を防ぐのに、瞑想は非常に有効であり、続ければ続けるほど効果があるといいます。その効果は脳のサイズを物理的に大きくしてしまう程だといいます。瞑想で集中力を上げ、あらゆる作業を素早く終わらせましょう。

 

瞑想の効果

 

1.集中力が上がる

一日10~40分の瞑想を行うことで、物事に集中できるようになります。他ごとに意識を向けない、注意力散漫を防ぎます。

2.鬱 不安 心配事 ストレスを低下させる

これらは自分の内面から湧き上がるものであり、人は必ずなにかに思い悩みます。消しても消しても、自分の中から湧き上がるのものです。瞑想とは、不安や心配事、ストレスを受け入れコントロールすることができるようになり、精神的なダメージを減らすことができます。

3.記憶力と学習力が上がる。

瞑想を続けていくと、脳の灰白質(記憶と学習を司る部分)が肥大化し、大きくなります。瞑想は、脳を物理的に変えてしまうほどの力があります。

4.アルツハイマーを予防する

瞑想は脳に良い影響をもたらす事が分かっており、アルツハイマーを瞑想を続けることによって予防することができます。

5.幸福感が増す

忙しくなっても、心に余裕ができる。時間がない!という概念に囚われ、パフォーマンスを落とし、時間を浪費しにくくなります。

他にもたくさんの効果があるのですがここでは割愛します。ともかく瞑想はプラスの効果がとても多く、実践する有名人が多いのにも頷けます。

瞑想は集中力や不安感が低下して、逆に集中力や記憶力、学習能力がアップするので、仕事をより早く覚え、早く終わらせる、たくさんの時間を生み出すことが出来るようになります。ほかごとに注意が向かなくなり、ムダな時間が大幅に減っていくのです。




瞑想の具体的な方法

 

①椅子に座るか、あぐらをかいて座り、リラックスします。

②呼吸に意識を集中します。

③空気が肺に入ってくることを意識します。(4~8秒かけて吸う)

④空気が肺から出てくることを意識します。(4~8秒かけて吐く)

⑥これを繰り返します。

⑦そのうち、頭の中に考え事が浮かんできて、呼吸から意識が離れます。

⑧考え事をしている自分に気づいたら、呼吸に意識を再び戻します。

 

コツは、ムリに呼吸をコントロールせず、自然に任せて楽にすることです。コントロールを意識しすぎると、疲れて長続きしないのです。

呼吸が意識から離れている!と気付き、呼吸に意識を戻すときに、注意力が散漫になることを防ぎ、集中力を鍛える効果が出てきます。

呼吸時間は、4~8秒くらいですが、吐く時間を意図的に長くすると、リラックスできます。人間は息を吐いている時に、緊張することができない性質を持っているからです。例:数時間4秒、吐く時間8秒 逆に、起床した後に早く目を覚ましたい場合は、吸う時間を長くし、吐く時間を短くすると緊張感で目が覚めるでしょう。先程と逆の時間配分にすれば良いと思います。

まずは3分間できるようになるのがファーストステップです。

やってみると、3分間呼吸に意識を集中することが、いかに難しいかがわかると思います。

慣れるまでは3分間瞑想を続けましょう。

なれてきたら、時間を5分、10分、15分・・・・と伸ばしていきましょう。

一日40分もできれば優秀な方だと思います。

 

続きは以下のリンクからご参照ください。

瞑想その2【実践編】瞑想を実践し、集中力と健康も手に入れる。

オススメビジネス書

作業効率を上げる、ビジネス書を紹介します。浮いた時間を自分の時間にして、幸福感を得られるようにしましょう。是非参考にして下さい。

厳選!ビジネス本!仕事や作業の効率を上がる!自分が変わる!

 



↓↓↓のネコバナーを押してくれるとありがたいです!😁ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です