来年スタートの新NISA!初心者ガイドと推奨商品

【はじめに】

投資の世界は、初めての方にとっては複雑で難しく感じるかもしれません。しかし、日本の新NISA制度を利用すれば、税制上の優遇措置を活用しながら投資を始めることができます。今日はこの新NISA投資商品について詳しく解説し、初心者でも投資の世界に一歩を踏み出すことができるようにするための情報を提供します。

 

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

【新NISAとは何か?】

新NISA(少額投資非課税制度)は、投資初心者や若い世代が資産運用を始めやすいように設けられた日本の制度です。この制度の特徴は、年間最大360万円までの投資が所得税及び住民税から免除されることです。そのため、初めて投資を行う方でもリスクを抑えつつ投資に取り組むことが可能です。

【新NISAの基本的な仕組みと制度の詳細解説】

新NISAとは、2024年から始まる新しいNISA制度のことです。NISAとは、少額投資非課税制度の略で、一定の金額までの投資所得に対して非課税の特例を受けられる制度です。

新NISAでは、現行のNISAに比べて、以下のようなメリットがあります。

①非課税保有期間が無期限になります。
②年間投資枠が最大360万円に拡大されます。
(積み立て投資枠120万円 成長投資枠240万円)
③つみたて投資枠と成長投資枠の併用が可能になります。
④非課税保有限度額が最大1800万円に設定されます。
(積み立て投資枠600万円 成長投資枠1200万円)
⑤売却した場合に非課税保有限度額が再利用可能になります。

新NISAのメリットについて

新NISAでは、非課税保有期間が無期限になるため、長期的な資産形成が可能になります。また、売却した場合に非課税保有限度額が再利用できるため、資産の入れ替えがしやすくなります。

新NISAでは、年間投資枠が最大360万円に拡大されるため、より多くの資産を非課税で運用できます。また、つみたて投資枠と成長投資枠の併用ができるため、投資スタイルや目的に応じて柔軟に選択できます。

新NISAでは、非課税保有限度額が最大1800万円に設定されるため、生涯でより多くの資産を非課税で運用できます。また、非課税保有限度額は国税庁で一括管理されるため、金融機関を変更しても問題ありません。

新NISAのデメリットについて

新NISAでは、非課税保有期間が無期限になる代わりに、定期的に利用者の住所などを確認する手続きが必要になります。また、非課税保有限度額を超えた場合には、超過分は課税口座に移管する必要があります。

新NISAでは、成長投資枠の対象商品に一定の制限があります。例えば、整理・監理銘柄や信託期間が20年未満の投資信託などは除外されます。また、金融機関による回転売買への勧誘行為に対しては、金融庁が厳しく監督・モニタリングを行います。

新NISAでは、現行のNISAで投資した商品を新NISAに移管することはできません。現行のNISAで投資した商品は、非課税期間が終了するまで現行のNISAの枠で運用する必要があります。

 

新NISAの口座開設方法について

新NISAの口座開設は、2024年1月から可能になる予定です。ただし、2023年末時点で現行のNISA(一般・つみたて)を利用している場合は、新NISA口座(つみたて投資枠・成長投資枠)が自動的に設定される予定です。

新NISAの口座開設には、証券総合口座の開設が必要です。証券総合口座をまだお持ちでない方は、まずは口座開設を行ってください。口座開設は、インターネットや郵送などで簡単にできます。

 

【新NISA投資商品とは?】

新NISAでは、つみたて投資枠600万円と成長投資枠1200万円の2種類の投資枠がありますが、それぞれに対象となる商品が異なります。

つみたて投資枠では、長期の積立・分散投資に適した公募株式型投資信託で、金融庁への届出商品に限定されます。これは、現行のつみたてNISAと同じです。

成長投資枠では、上場株式や投資信託などが対象となりますが、一部除外される商品もあります。例えば、整理・監理銘柄や信託期間が20年未満の投資信託などは対象外です。また、高レバレッジ型や毎月分配型の投資信託も対象外です。

【投資商品の選び方と注意点】

投資商品を選ぶ際は、リスク許容度や投資目標を明確にし、それに合った商品を選ぶことが重要です。また、1つの商品だけに投資するのではなく、複数の商品に分散投資することでリスクを分散させることも大切です。

【新NISA投資商品のおすすめ】

新NISA投資商品として投資商品を選ぶ際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

信託報酬が低いものを選ぶ
信託報酬は運用成績に直接影響を与えるコストなので、可能な限り低いものを選ぶことが重要です。理想的には1%以下、できれば0.5%以下のものを選びましょう。

インデックスファンドを選ぶ
インデックスファンドは、株式指数などの指標に連動する運用を行う投資信託です。長期視点で見ると、インデックスファンドはアクティブファンドよりも高いリターンを得やすい傾向にあります。

分散投資を実行する
分散投資とは、一つの商品に集中せず、複数の商品や地域に投資を行うことです。これによりリスクを分散し、安定した運用を目指すことが可能です。全世界株式や先進国株式など、広範な地域に投資を行うインデックスファンドが推奨されます

初心者に推奨するのは、インデックスファンドです。インデックスファンドは市場全体の動きを反映するため、個別の株を選択するリスクが抑制されます。

オススメインデックスファンド ※投資はあくまで自己責任で!

三菱UFJ国際投信「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」
信託報酬は0.1133%と低く、全世界の株式に幅広く投資するインデックスファンドです。米国株式だけでなく、日本や欧州、新興国などの株式も含まれるので、分散投資ができます。全世界の経済成長に連動するリターンが期待できます。

三菱UFJ国際投信 「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」
信託報酬は0.09372%と非常に低く、米国の代表的な株式指数であるS&P500に連動するインデックスファンドです。米国株式は世界の株式市場の約半分を占めるほど大きく、成長力も高いので、長期的に見ると高いリターンが期待できます。

三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim先進国株式インデックス
信託報酬は0.09889%と低く、先進国の株式に投資するインデックスファンドです。米国や日本、欧州などの安定した経済を持つ国々の株式を対象としているので、リスクが比較的低いと言えます。先進国の経済成長に連動するリターンが期待できます。

また、以下はドルで購入するおすすめの米国株ETFです。

VT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF。
世界の株式市場に投資するインデックス型ETFです。米国株式が約60%を占めています。経費率は0.08%で、年間分配金は1.6%です。

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF。
米国の株式市場全体に投資するインデックス型ETFです。大型株から小型株まで約4,000の銘柄を保有しています。経費率は0.03%で、年間分配金は1.4%です。

VOO:バンガード・S&P500 ETF。
米国の代表的な株価指数であるS&P500に連動するインデックス型ETFです。大型株を中心とした約500の銘柄を保有しています。経費率は0.03%で、年間分配金は1.4%です。

QQQ:インベスコQQQトラストシリーズ1。
米国のハイテク株を中心とした株価指数であるNASDAQ100に連動するインデックス型ETFです。アップルやマイクロソフトなどの大手IT企業を保有しています。経費率は0.20%で、年間分配金は0.5%です。

これらのETFに投資する際には、以下の手数料に注意する必要があります。

ETF経費:ETFの運用会社に支払う年間コストです。上記の表に示した経費率がそれにあたります。

買付手数料:証券会社に支払う取引手数料です。証券会社によって異なります。

為替手数料:日本円から米ドルに変換する際にかかる手数料です。証券会社によって異なります。

世界経済は右肩上がりに成長すると信じるならオールカントリー、VT。米国は今後も世界に抜きん出て成長すると信じるなら、S&P500,VTI,VOO,QQQとなります。

他にもここは伸びると思う国があるなら、その国の経済成長に連動する代表指数の投資信託、ETFの商品を購入すればよいでしょう。

【新NISAの開設方法と手続き】

新NISA口座の開設は、証券会社や銀行で行うことができます。必要な書類は身分証明書とマイナンバーカード、または通知カードで、インターネットから手続きをすることも可能です。証券会社や銀行によっては、オンラインで全ての手続きが完了するところもありますので、各金融機関のサービスを比較してみてください。

【新NISA投資のメリットと注意点】

新NISA投資のメリットは、一定額までの投資収益が非課税となることです。しかし、投資にはリスクが伴いますので、自己のリスク許容度に合った商品を選び、投資額も無理なく管理することが重要です。

【投資の基礎知識と学習リソース】

初心者が投資を始める前に、金融商品の知識やリスク管理、資産配分などの基礎知識を身につけることが重要です。投資書籍、オンラインコース、投資情報サイトなどを活用して学びましょう。

【まとめと次のステップへのアドバイス】

新NISA制度は初心者でも始めやすい投資制度です。しかし、投資にはリスクが伴いますので、基礎知識を身につけて、自分に合った商品を選ぶことが大切です。少額から始めて慣れていくことをお勧めします。


↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ

"PVアクセスランキング




 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けるとありがたいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です