20年後の世界経済の覇者は、どの国になると予想されているのか。【新NISA投資先国家】

新NISAは長期投資。その投資先はどこにすればよいのか。

新NISAで投資すべき投資先は、長期投資が前提であり、今後も伸び続ける可能性が高い国である必要があります。その場合、我々の大事なお金を預けるところは、どこが良いのか。

現時点でのデータから投資先を考えてみました。

ランキングに参加しています。下のバナーを押していただけるとありがたいです。

👇

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

私のポートフォリオ

現時点の投資先は、以下の比率になっています。

殆ど米国、次いで日本、中国、インドになっております。

基本的に今後も伸び続ける国に投資していますが、これらは直観で買っています。米国が今後もNo.1、安全安心という前提です。

でも実際に数値で裏付けを取る場合、どのようになっているか確認します。

1.世界のGDPについて

国内総生産、GDPはその国家が持つ経済力を表す数値として有名です。

この先伸び続ける国は、どのような予想をされているのでしょうか。現時点での予想を以下に示します。

  1. 中国: 中国は既に世界第二の経済大国であり、一部の予測では数年内にアメリカを追い越すと見られています。人口規模、製造業の強さ、技術革新への投資拡大などがその理由です。
  2. アメリカ合衆国: アメリカは現在、世界最大の経済国であり、技術革新、軍事力、国際的な影響力においてもトップに位置しています。高い一人当たりのGDPと強力なイノベーション能力により、今後も経済的覇者としての地位を維持すると予想されます。
  3. インド: 急速な人口増加と経済成長により、インドは将来的にトップ経済国の一つになると見られています。若い労働力人口と進行中の産業化が、その成長を後押ししています。
  4. ヨーロッパ連合(EU): EU全体を一つの経済体とみなすと、その経済力は非常に大きく、技術革新と安定した政治体制が支えとなっています。ただし、EUは複数の国家で構成されているため、一枚岩としての行動が常に保証されるわけではありません。

これらの国々/地域以外にも、経済発展に伴い影響力を増していく国は多数存在します。例えば、インドネシア、ブラジル、ロシアなどの国々も、資源の豊富さ、地政学的位置、人口の大きさなどを背景に成長が期待されています。

この結果から言えることは、中国、アメリカ、インドが今後も強いと言えます。

したがって、これらを均等に買えばよいか?という事になりますが、中国とインドはちょっと不透明なところがありますよね。中国は特に突然政策が変わって、企業を締め付けることをしていますし、過度の投資は危険な香りがします。

2.新NISA投資信託買い付けランキングについて

このランキングをみることによって、皆さんがどのような国家に投資すべきかが、ある程度わかります。投資信託を調べてみました。

SBI証券

楽天証券

楽天証券、SBI証券では、全世界のオールカントリーと米国、そしてインドです。

皆さんの予想は平均して世界、そして米国、インドの順ですね。

オールカントリーは半分の投資先は米国なので、ほとんど米国と考えてもよさそうです。

 

3.世界各国の軍事力について

軍事力は世界に力をアピールし、秩序を作ってしまう点では、残念ながら有力な指標です。現時点での軍事力をみると

  1. アメリカ合衆国: 世界最大の軍事予算を有し、技術的に進んだ兵器システムと世界中に展開する基地網を持つ。
  2. ロシア: 広大な兵器庫と大規模な軍隊、核兵器を含む戦略的兵器を保有。
  3. 中国: 迅速な軍事近代化と防衛予算の増加により、空母やステルス戦闘機などの高度な兵器システムを導入。
  4. インド: 大規模な陸軍と多様な兵器システム、核兵器の保有国。
  5. 英国: 高度に訓練された軍隊と先進的な軍事技術、核兵器保有国。

上記の国々は、世界に対して強い影響力を持つことが出来、経済に対しても優位に事を進めることが出来る可能性が高いです。

 

投資先の結論

以上のデータを考慮し、将来性を考慮してランキングをつけると。

1位 アメリカ

2位 インド

3位 中国

ということになります。

ただし、中国は投資先として投資家から信用されていないので、ランキングはインドより下になりました。

日本は全く出ていないので、データだけ見ると本当あまり投資してはいけないことになります。

ただし、現時点では割安の可能性があるので、ある程度金額が上がるまでは現状維持で良いと思っています。現時点ではバフェットさんが買い続けて、売却をしていないので、まだ割安の可能性が高いと思っています。

未来のことなどいくら予想してもわからし、リバランスしていくのがめんどくさいよ。

という人は、オールカントリーを買っておくことが最適解だと思います。

オールカントリー構成比率

見る限り、半分以上はアメリカです。オルカンといっても、アメリカにほぼ投資していると考えても良いかもしれません。

ただし、これらはその時の状況によって、投資先の構成比率を自動でリバランスしてくれます。

ある意味、一番安全な商品。全世界株です。

現時点で長期投資をするなら、アメリカ、または全世界株がデータ上でもオススメという事がわかりますし、結局今後の世界経済の覇者は、アメリカであるという結論になりました。投資する際のポートフォリオ比率の参考になれば幸いです。

私のポートフォリオも、オルカンに近いかも。

 

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村