新NISAの定期積立の設定方法。楽天ポイントも最大限貯める。【楽天証券】

ドルコスト平均でリスクを分散しつつ楽天ポイントを貯める買い方。

 

新NISAですは投資枠は1800万円あり、年間でMAX360万円、非課税枠に投資することが出来ます。私は年初一括投資よりも、毎月30万円ずつ購入するドルコスト平均法を選びました。

購入する銘柄はシンプルに2つ。積み立て投資枠は全世界株のオールカントリー成長投資枠はNASDAQ100の指数に連動するニッセイNASDAQ100。

私の新NISA口座は楽天証券を利用しています。この2つの投資商品の購入によって、楽天ポイントを貯めつつ、ドルコスト平均法によるリスク分散する方法をご紹介します。

今回は楽天証券で毎月30万円を購入し、楽天ポイントを最大限ゲットする方法となります。

投資スタンス

新NISAに投資できる商品は、2パターンあります。

積み立て投資枠と成長投資枠です。

そしてポイントを付与できる特典として、

楽天カードによるカード投資枠10万円

楽天キャッシュによる電子マネーの投資枠5万円

両者とも100円あたり、0.5ポイント付きますので、

15万円フルに投資すれば、750ポイントが付与される計算になります。

15万円以上投資する人は、この2つを利用するといいでしょう。

設定方法

まず、楽天証券のホーム画面を開きます。

そして、「投資信託」のタグをクリック

まずは、楽天キャッシュの設定。

今回はポイントを最大限貯めるために、

楽天カードを毎月10万円

楽天キャッシュから5万円

を毎月投資しますので、

楽天キャッシュの残高を常に5万円以上になるように設定する必要があります。

下図の青○部、「楽天キャッシュ残高」をクリックして、金額が常に5万円以上になるように設定しましょう。

 

続いて実際に積立設定を開始します。今回決めているのは、積み立て投資枠はオール・カントリー。成長投資枠は、ニッセイNASDAQ100です。

まず

つみたて投資枠毎月10万円のオール・カントリーの内訳は、

毎月1日にクレジットカードから5万円

毎月15日に楽天証券口座から5万円

計5万円ずつ2週間毎に買います。

そしてつみたて投資枠では買うことが出来ない、成長投資枠のニッセイNASDAQ100は毎月20万円で設定します。その内訳は、

毎月1日にクレジットカードから5万円、楽天キャッシュから5万円

毎月15日に楽天証券口座から10万円

10万円ずつ2週間毎に購入します。

なぜこうのような買い方をするかというと、毎月1日に15万円、15日に15万円の2週間に分けて買った方が、ドルコスト平均法の分散効果が高いからです。

続いては実際に積み立て設定をご紹介します。

 

 

つみたて投資枠の設定方法(オール・カントリー)

 

1.積み立て設定

楽天キャッシュを5万円以上に設定したら、右上のタグから、購入予定のファンドを探します。

まずは「投資信託」を選択し、次に検索タグに「ファンド名(今回はオール・カントリー)」と入力。

候補の一覧が出てきたら、「自分の購入するファンドを選択」します。

 

2.NISA投資枠の選択

次に、「積立設定」をクリックし、NISAつみたて投資枠」をクリック。

 

口座の選択は、オール・カントリーの場合「NISAつみたて投資枠」をクリック。

前述の通り、毎月1日はクレジットカード払いで5万円で設定します。

4.積立金額と分配金コースの選択

ここでは、「50,000円」、「再投資型」を選択してください。再投資型の方が、分配金を配らないので資産の切り崩しが起こらず、複利の力を最大限に享受できるので、長期投資の場合はコレ一択。

そして「目論見書の確認へ」をクリック。

 

「同意して次へ」をクリック。

5.引き落とし方法の選択

支払方法は、楽天クレジット決済を選択。

 

決済方法は、カード引き落としでポイントを貯めるために、「楽天カードクレジット決済」をクリック。そして「次へ」をクリック

ポイントも100ポイント利用するになっているか確認して、

取引暗証番号を入力して、「設定する」を押す。

積み立て投資枠の残り5万円は、15日の楽天証券口座から引き落とすことにします。

設定は、4項の引き落とし方法を、証券口座に変えて、引き落とし日を15日にするだけで、あとは同じです。

 

2.成長投資枠の設定方法(ニッセイNASDAQ100)

1.積み立て設定

設定方法は、前述したオール・カントリーと同様になります。

まずは「投資信託」を選択し、次に検索タグに「ファンド名(今回はニッセイNASDAQ100)」と入力。

候補の一覧が出てきたら、「自分の購入するファンドを選択(今回はニッセイNASDAQ100)」します。

 

2.NISA投資枠の選択

次に、「積立設定」をクリックし、NISA成長投資枠」をクリック。

口座の選択は、ニッセイNASDAQ100の場合「NISA成長投資枠」をクリック。

前述の通り、毎月1日はクレジットカード5万円、楽天キャッシュ5万円で設定します。毎月15日は証券口座から15万円で設定します。

4.積立金額と分配金コースの選択

楽天キャッシュ(電子マネー)を選択。

 

ここでは、「50,000円」、「再投資型」を選択してください。再投資型の方が、分配金を配らないので資産の切り崩しが起こらず、複利の力を最大限に享受できるので、長期投資の場合はコレ一択。

口座は当然、NISA成長投資枠

そして一番下の、「目論見書の確認へ」をクリック。

「同意して次へ」をクリック

 

最後に、一通り間違っていないか一覧が出てくるので、最後に取引暗証番号を入力し、注文です。

 

「同意して次へ」をクリック。

5.引き落とし方法の選択

支払方法は、楽天クレジット決済を選択。

 

決済方法は、カード引き落としでポイントを貯めるために、「楽天カードクレジット決済」をクリック。そして「次へ」をクリック

ポイントも100ポイント利用するになっているか確認して、

取引暗証番号を入力して、「設定する」を押す。

成長投資枠の残り5万円はクレジットカードから、15日の10万円は、楽天証券口座から引き落とすことにします。

設定は、4項の引き落とし方法を、15日の証券口座で10万円の引き落とし、クレジットカードの設定金額を5万円に設定するだけで、あとは同じです。

最後にチェック

これまでの設定が意図したとおりになっているか、積み立て設定一覧で確認しましょう。

ホーム画面の、「投資信託」→ 「積立設定一覧」をクリック。

合計金額良し。

 

日付と金額良し。

これらのチェックでよければ、以上で設定が終わります。

あとはお金切らさないように気を付けてください。

少なくとも毎月証券口座とクレジットカードから設定した金額が支払われることになりますので、お金の残高管理は入念に行って下さい。

もしも積立予定日に口座にお金が無かったら、積立が中止になる場合があります。

おすすめの参考書籍とキンドル:

新NISAはこの9本から選びなさい

just keep buying

読書量が自然に増える。本を読むならポケットサイズで持ち運び便利の6インチ電子書籍リーダー:
Kindle (16GB) 6インチディスプレイ 電子書籍リーダー

月額980円で本読み放題のサブスク:加入すれば本を読みまくる。kindleとセットで読書習慣が身につく。
kindle unlimited 

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村