新NISAは定額毎月積立て投資。年初一括勢とFANG+勢に完敗しました。

オルカンとNasdaq100を買い付けています。

新NISAも始まって一か月が経過。

毎月定額積立て、いわゆるドルコスト平均法を選択した私は、年初一括投資よりパフォーマンスが低い現時点の状況で悔しい思いをしています。ただ、暴落のリスクを避ける上では、安心感は少しあります。

とりあえず、買い方としては以下の方針にしてます。

毎月1日 積み立て投資枠:オルカン10万円、年間で120万円

毎月15日 成長投資枠:ニッセイNasdaq100 20万円、年間で240万円

現時点でどうなっているか見てみます。

オルカン

ニッセイNasdaq100

オルカン+5.42%

ニッセイNasdaq100+7.18%

十分いいじゃないですか。

ニッセイNasdaq100は新NISAが始まって、純資産が3倍くらいの878億円に増えてます。皆さん、買っているんですね。

現時点では一括投資勢に敗北していると思われます。また、世間ではFANG+が熱いようですが、私は分散が効いているオルカンやNasdaq100にすべてを賭ける選択をしました。その理由は、以下の記事にも書いております。これは私個人の思想なので、誰にも文句を言われる筋合いはないし、文句を言うつもりもありません。

 

将来性バイアスについて 新NISAにFANG+ってどうなのか。

不況は必ず来るので、そのために債券をかなり買いました。債券比率は50%超えてます。とにかくショック級の暴落がきたとしても、グッスリ寝たいので。

引き続きこの定期積立投資を続行、1年かけて毎月同じ日にオルカンに10万円、ナスダック100に20万円投資します。比較的リスクの低いインデックス投資に全振します。

20年後の予想

現在の投資額が、20年後には3倍以上になると信じて、ミツバチが蜜を集めてくるように、ためたお金を新NISAにぶち込み続けます。

単純計算で、1800万円×3倍=5400万円です。

資産を減らさない年間4%ルールで増えた新NISA口座からお金を切り崩していくと、5400万円×0.04=162万円/年間

さらに現時点で投資している金融資産は少なくとも6000万円以上になると考えているので、この資産も4%ルールで切り崩せば、新NISA口座以外からも、年間で162万円くらい得ることができるはずです。

単純計算で162万円×2で、320万円の収入。

こんだけあって、さらに年金も追加すれば、老後は安泰だろうと勝手に思っています。市場から退場せず、あと20年はコツコツとやっていきます。もう、必要以上にリスクを取る投資はやめました。

未来に決して悲観しない。投資を続けてお金の不安から脱却し、今を楽しみ幸せを掴みましょう。

凡人で物欲の無い私は、仕事はソコソコ、趣味は読書、旅行、サウナを楽しんでいければ十分です。自分が何で満足するか人それぞれ。足るを知るが大事です。自分の足るに合わせて、リスクを取れば良いかと思います。

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けるとありがたいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です