サイクルに注意を向ける。利益や損失を生み出す大切なもの。

ほとんどすべてのものにはサイクルがある。物事は一直線には進まない。

 

今回は、投資にとって必要な知識、サイクルについて書きたいと思います。

以前の記事でも書きましたが、今回はもう少し心理学的な内容となっております。

ハワード・マークス氏の名著「投資でいちばん大切な20の教え」を参考にしています。

amazon
投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識

楽天ブックス
投資で一番大切な20の教え 賢明な投資家が知らない隠れた常識 [ ハワード・マークス ]

楽天kobo
投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識【電子書籍】[ ハワード・マークス ]

 

筆者のオークツリー代表、ハワードマークス氏は言います。

「いつだって、振り返れば物事はサイクルに従って動いている。ひたすら一方向に動き続けるものなどいない。また、ゼロになっておわるものもほとんどない。そして、今日の出来事を未来に当てはめることへのこだわりほど、投資家の健康を脅かすものはない。」

株価のチャートをみても分かるように、必ず上下運動をしています。なぜこのような動きをするのでしょうか。

 

サイクルの原則

投資に確実なことはありません。ただ、必ず繰り返す原則が2つあります。

 

原則その① ほとんどの物事にはサイクルがあることがやがて判明する。

原則その② 利益や損失を生み出す大きな機会は、周りのものが原則その①を忘れた時に生じる。

物事は一本調子ではすすみません。

前進、後退、好調、不調、加速、減速など、必ず浮き沈みがあります。経済や市場、企業も例外ではありません。

株価のチャートは方向性はあるにせよ、一直線でなく必ず上下を繰り返していますよね。

サイクルが発生する理由は、生身の人間が関わっており、人間は機械のように決まった動きをするものでなく、感情的で一貫性のない生き物だからです。

 




信用サイクルについて

投資の中で、もっとも影響力が有り、利益を生み出すサイクルに信用サイクルがあります。金融機関が融資したり、投資家の出資のしやすさの事です。

信用サイクルは、不可避で振れが激しく、知ることで投資家にチャンスをもたらします。

信用サイクルは以下のプロセスをたどります。

1.信用サイクルが上昇するプロセス

基本的に、①~⑤のプロセスを経て、信用サイクルは上昇していきます。

①経済が好況期に突入

②資本を提供する銀行など金融機関が繁盛する。資本基盤を拡大する。

③悪い材料がほとんど存在しないので、融資や投資のリスクが低下したようにみえる。

④リスク回避思考が消える

⑤金融機関が競争のため、金利を下げる。与信基準・契約条件を緩和。資金供給の拡大。

このプロセスが行き過ぎると、金融機関が融資に値しない借り手にお金を貸すようになる。投資家もリターンがない高い価格で投資をするようになる。

そのうち、最悪の融資や投資が行われるようになり、資金が回収できなくなる事態が起こる。

この段階になると、サイクルは下降を始める。

 

2.信用サイクルが下降するプロセス

次は下降プロセスです。①~⑤の順に、信用サイクルは下降していきます。

①損失を出した貸し手が意欲を失い、融資姿勢をなくし始める。

②リスク回避思考が強まり、金利を引き上げ、余震基準・契約条件の厳格化が起こる。

③利用可能な資本の規模が縮小し、超優良な貸し手にしか対象にならなくなる。

④企業が資本不足に直面し始め、債務の借り換えができなくなり、倒産が起こる。

⑤このプロセスで景気後退が起こり、さらに悪い状況になっていく。

このプロセスも行き過ぎると、ふたたびサイクルは反転し、上昇に向かう。

この時点で逆張りを行い、融資を行った投資家は、高リターンを得ることができます。

そして、この信用サイクルが景気サイクルの波を後押しする。

このサイクルは過去から堂々巡りしており、決して変わることがないと言われています。




サイクルが利益を生み出すタイミング

 

上昇局面にしろ、下降局面にしろ、長期的に極端に激しい傾向が続いていくと、「今回は違う」と言う人が出てきます。しかし、サイクルはほとんどの場合、未来は過去と似た状況になります。

では利益を生み出すタイミングはどんなときでしょうか。

過去の事例から、その傾向を読み解くことができます。

 

相場が反転するタイミングを知る

最大の利益を得るタイミングは、買いと売りの2つがあります。

1 最大の買いのタイミング

相場が低迷し、周りの誰もがタダ同然の価格で売り叩いている時

2 最大の売りのタイミング

相場が過去最高の水準にある時に、過去に一度も実現していない都合の良い理屈に飛びつこうとする時

 

このような状況が見られるようになったら、反転するタイミングとして準備しておいたほうがいいかもしれません。

まとめ

広い視野を持ち、周囲全体の融資状況、投資状況を見るように意識しておきましょう。今現在に当てはめると、皆さんの目にはどのように映っていますか。投資する前に、一度サイクルについて考えてみましょう。

相場は人間が関わる以上、サイクルに従っており、かならず上下運動を繰り返すのですから。

 

 

おすすめ投資本

投資の成績を上げてくれる、おすすめ書籍をご紹介します。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

 

 

 

↓↓↓のネコバナーを押してくれるとありがたいです!😁ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。