新興国投資 SBI・新興国株式インデックス・ファンド

これから伸びていく可能性のある新興国。新興国にもバランスよく投資するファンドを探したい。

そのなかで新興国の株式に分散投資している「SBI・新興国株式インデックス・ファンド」。

このファンドはどんなところに投資しているのか。リターンはどのくらいあるのか。調べてみます。

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログへ




 

ファンド概要

主に「新興国株式インデックスマザーファンド」を通じて、実質的に新興国の株式に投資を行い、FTSE エマージング・インデックス(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行う。マザーファンドは、ETF(上場投資信託)を含む投資信託証券を主要投資対象とする。為替ヘッジは行わない。

 

設定日 2017.12.06 資産額 114.25億円 手数料 0.176%

1年トータルリターン:24.07% 3年トータルリターン:9.85 %

リターンは、米国の基本的なインデックスS&P500の半分くらいでしょうか。

普通に考えればそこそこ有ると思うのでしょうが、米国に比べると少し物足りないですね。

 

年間収益推移

過去5年間の利益ベースをみると、以下のようになっています。

まあ、そこそこといったところでしょうか。先進国と比べると、伸び代は少ないかも知れませんね。




 

投資先の国

 

1位が中国で36%以上ですね。1/3は中国投資です。従ってこの商品は中国経済の影響を大きく受けますね。2位が台湾、次に3位がインドとなっています。この先を考えたら、GDPが伸びていく国々への投資が基本となっていますね。インドネシアが入っていないのはなんででしょうか。買いにくいリスクがあるのでしょうか。ここは少しクエスチョンです。

 

組入上位10銘柄

1位は台湾の半導体製造大手。中国巨大IT企業が上位ですね。本当は成績が良くないといけない投資先なんですが、最近の中国規制ラッシュの影響で、下落が酷いですね。中国は何が有るかわからないので、潜在的なリスクが潜んでいます。




まとめ

中国、台湾、インドで65%を占めていて、残りは将来性がある国々の株式への分散投資をしているイメージでしょうか。

現在、米国株式が絶好調で、S&P500と比較してしまうと大きく差をつけられています。最近は特に中国がパッとしません。しかし将来GDPが伸びていく国々がどうなるか。現状の先進国を追い抜く可能性は十分にあります。その可能性を信じて、投資しておくのも選択肢の一つかと思います。

 

Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング

 

投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

 

↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ



"PVアクセスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。