【海の変化】投資家ハワードマークス氏の未来展望:変化する環境と成功への道

ハワードマークス氏は、過去40年間の投資家の成功と低金利環境について語り、将来の数年間には大きな環境の変化が訪れると予測しています。彼の見解によれば、これまでの投資戦略や市場の条件が通用しない時代に入り、投資家は柔軟性を持ちながら新たな投資手法やリターンの見通しを考える必要があると言います。以下に記事の要約をまとめました。




↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

 

過去の歴史

1969年、ハワードマークス氏は投資管理業界に足を踏み入れました。当時、銀行業界では「Nifty Fifty」と呼ばれる株式に投資が集中しており、これらの株式は高価でも問題ないと考えられていました。しかし、1974年に市場が崩壊し、Nifty Fifty株を保有していた投資家は大きな損失を被りました。これにより、品質だけでなくリスクも評価する必要性が浮き彫りになったのです。

一方で、ハイイールド債券市場では、非投資適格債券が避けられていましたが、マイケル・ミルケンらはデフォルトリスクに見合う利子を提供する非投資適格債券に投資することを試みました。ハワードマークス氏もこれらの債券に投資し、安定した利益を上げることができました。

投資環境の変化により、投資家の考え方も変わりました。リスクを避けるだけでなく、リターンとリスクをバランスさせることが重要とされるようになりました。テクノロジーの進歩により、情報の入手が容易になり、投資家はより効果的な意思決定を行うことができるようになりました。

現在の投資環境の変化・低金利環境の終焉

ハワードマークス氏は、現在の投資環境が大きく変わりつつあると考えています。彼は将来の数年間においては以前とは異なる状況が続くと予測しており、投資家はこれに対応するために新たな投資戦略やリターンの見通しを考慮する必要があると強調しています。

特に低金利環境の終わりによって、インフレーションと金利の影響が顕著になることが予想されます。これまでの数十年間とは異なる投資環境が訪れることで、過去の成功した投資戦略が必ずしも同じように機能しない可能性があるというのです。

しかしながら、具体的な予測は困難です。経済成長や外部要因などが投資環境に影響を与える可能性があるため、投資家は柔軟に対応し、新たな投資手法やリターンの見通しを検討する必要があります。

ハワードマークス氏は、投資家に対して常に学び続けることの重要性を強調しています。新しいトレンドや投資機会を把握し、柔軟に対応することが求められます。また、リスク管理も欠かせません。新たな市場や投資手法に参入する際には、慎重にリスクを評価し、適切なポートフォリオを構築する必要があります。

投資家は、将来のリターン目標を達成するために、リスキーな投資に頼らずにクレジット商品から安定したリターンを得ることができるようになりました。この変化に対応するために、過去の成功した投資戦略とは異なるアプローチを取る必要があるかもしれません。




ハワードマークス氏の見解:将来への展望

ハワードマークス氏の見解は、投資環境の変化と将来への展望について貴重な洞察を提供しています。投資家は常に学び続け、変化する環境に適応することが求められます。柔軟性とリスク管理能力を持ちながら、新たな投資手法や市場の可能性に目を向けることが重要です。テクノロジーの進歩や情報の利用可能性の向上により、新たな投資手法や市場の可能性が広がっています。

経済環境は常に変化し続けます。投資家は将来も新たな機会や挑戦に直面するでしょう。金利の動向などを予測することは難しいですが、投資家は古い枠組みにとらわれずに新たな海変化に対応し、柔軟に対応する必要があります。

このような変化に対応するためには、学習意欲、リスク管理能力、柔軟性が求められます。投資家は常に最新のトレンドや市場の動向を把握し、適切な投資戦略を選択する必要があります。

将来のリターン目標を達成するためには、リスキーな投資に頼らずにクレジット商品から安定したリターンを得ることが重要です。投資家はリスクとリターンをバランスさせながら、多様化されたポートフォリオを構築する必要があります。

ハワードマークス氏の見解を参考にしつつ、投資家は常に学び続け、新たな投資戦略や市場の可能性を探求していくべきです。変化する投資環境に対応しながら、成功への道を切り拓いていくことが重要です。

結論

結論として、投資環境は常に変化しています。ハワードマークス氏の見解からも分かるように、将来の数年間には大きな環境の変化が訪れる可能性があります。投資家はこれに対応し、柔軟な姿勢で新たな投資手法やリターンの見通しを考慮する必要があります。投資家は常に学び続け、リスク管理能力を高めながら、将来の成功への道を切り拓いていくべきです。

記事のリンク先:https://www.oaktreecapital.com/insights/memo/sea-change

ハワード・マークス氏の経歴

ハワード・マークス氏は、アメリカの著名な投資家であり、オークツリー・キャピタル・マネジメントの共同創業者であり、元会長です。彼の豊かな経験と洞察による定期的な投資に関する手紙は、投資界隈で広く読まれ、尊敬されています。

マークス氏は、ペンシルバニア大学ウォートンスクールで会計学士号を取得後、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得しました。彼はその後、シティグループの投資部門であるシティコーポレーションに加入し、そこでリスク資本を担当しました。

彼は1985年に、TCWグループに移籍し、ここでハイイールド債とディストレスト債の部門を立ち上げ、成功を収めました。その後、彼は1995年にブルース・カースマンと共にオークツリー・キャピタル・マネジメントを創設しました。オークツリーは、高収益債、ディストレスト債、プライベートエクイティなどの分野で活動し、ハワード・マークス氏はそのリーダーシップのもと、ファームを大きな成功に導きました。現在でも、同社はそのエリアで非常に高い評価を受けています。

マークス氏は投資の哲学や見解を定期的に投資メモとして公開しており、これらはグローバルな投資コミュニティに広く読まれています。彼の思考と洞察は、彼の著書である “投資で一番大切な20の教え” と “市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学” で詳細に説明されています。

彼の成功と影響力は、彼が一貫して投資の基本原則を強調し、市場の心理的な動きに対する理解を深め、リスクとリターンのバランスを保つことの重要性を認識していることに起因しています。彼は投資家としての謙虚さと、市場の予測の困難さを認識した上での判断力を常に強調しています。

以下、原文参照先

https://www.oaktreecapital.com/insights/memo-podcast/the-rewind-ditto

 

ハワードマークス氏の名著

投資で一番大切な20の教え

投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 (日本経済新聞出版)

市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 (日本経済新聞出版)

市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 (日本経済新聞出版) 

 


投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~



Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング

↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ

"PVアクセスランキング




 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村