米国強し。S&P500の最高値は止まらない。

米国株の最高値は止まらない。でも伸びしろは減速しつつある。

 

S&P500の上昇は止まらない

8月6日の米株式相場は上昇。新型コロナウイルス変異株の経済的脅威が根強いものの、米雇用統計の発表を控える中、企業決算や新規失業保険申請件数の減少を背景に買いが膨らんだ。

  • 米国株はS&P500が最高値更新、決算や米指標受け
  • 米国債は下落、10年債利回り1.22%
  • 資源国通貨上昇、原油高背景に-ドルは下落
  • NY原油は4日ぶり反発、広範な市場持ち直しが追い風
  • NY金先物は反落、終値1808.90ドル

※ブルームバーグより転載

 

米国株は右肩上がりに上がっていますね。ここまでくると、相当売り圧力が膨らんでいないか心配になる。ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストらはS&P500種株価指数の年末目標を4700に引き上げています。とても楽観的な観測ですね。

他には、原油関連の銘柄は出遅れていたので、こちらはこれから上がるかもしれませんね。

テーパリングの影響

直近にーパリング(量的緩和の縮小)が決定する可能性が高いとされています。株価だけで見たらコロナ前を越えていますし、経済も回復基調ですからね。

過去の経験でいくと、

①金(ゴールド)が長中期的に下がる。

②米国債の価格が上がる。

これらの傾向があったので、今回も前例に習う可能性が高いと思われます。

すでに米国債は直近にテーパリングがあることを予測して、下落が続いていた国債も3月中旬で底打ちし、価格が上がり始めています。

米国債は3月18日を底にして、反発中。(iシェアーズ米国債20年超ETF)

国債はチャンスかもしれませんね。

私は3月から少しづつ現在にかけて、100万円程購入しました。

まとめ

株価の上昇は続いていますが、過熱感がありますので、これまでのようなペースでの上昇の可能性は少ないと考えられます。そして極端に上がった価格は何らかのバッドニュースによって、一気に反落する可能性が高いと思われます。いまは新型コロナウィルスの変異型、デルタ株の感染が爆発的に増えており、経済回復の足かせになりそうです。今後はこれらの動きにも注視していかないといけないでしょう。

テーパリングも控えているので、国債を買うチャンスかもしれません。株だけでなく広い視野で色々な資産を見ていくべきでしょう。

 




 

投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

以下にリンクしますので、参考までに。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

 



↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ

 




PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。