【全米 VS S&P500】VTIとVOOとの比較。下落相場ではどちらが強いのか調べてみた。




ロシアとウクライナの戦争によって、株価を見たくないくらい下落相場が続いています。このような下落相場の時にVTI(全米3800社が含まれるETF)とVOO(米国の主要企業500社)の株価はどのように動くのか。

前回の調査では、過去の実績からVOO(S&P500)の方がパフォーマンスが高いことがわかりました。今回のように、年初から下落を続けている下落相場の場合では、VTIとVOOどちらが下落率が少ないのか調べてみます。全米企業3800社 VS 米国主要企業500社との戦いです。

 

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

1.VTIについて

VOOとは米国のETFの中でも有名な、【バンガード・トータル・ストック・マーケトETF】通称VTI。これ一本に投資しておけば、米国3800社もの企業に幅広く分散投資できるという非常に優れた代物です。まさにアメリカ全体に投資するといっても過言ではありません。非常に安定している商品なので、投資している人は非常に多いのではないでしょうか。

 

VTI チャートについて

年初来からの下落相場での成績です。※2022年3月8日時点

現時点で-13.06%でした。

コロナショックの時の、半分くらいまで来ましたね。

戦争が落ち着くまでは、まだまだ下がる可能性が高いです。



2.VOOについて

VOO(バンガード・S&P500 ETF)
バンガード社が提供する米国株式市場のパフォーマンスを示すS&P500指数への連動を目指すETFです。投資対象は米国大型株式が大部分を占め、米国の主要業種を代表する500銘柄で構成されています。S&P500は米国株式市場全体に対し約80%の時価総額比率を占めており、こちらも王道のETFで、投資している人はVTI同様多いと思います。

VOO チャートについて

年初来からの下落相場での成績です ※2022年3月7日時点

現時点で-12.21%

年明けから2か月が経過しましたが、

VTIが-13.06%

VOOが-12.21%

となり、VOOの方が下落率が小さく、VOOの勝利となりました。




3.VTIとVOO構成銘柄比較

左側がVTI、右側がVOOの構成銘柄とその比率になります。(※投資の森より)

VTI構成銘柄名 構成割合 VOO銘柄名 構成割合
1 アップル 4.95% アップル 7.09%
2 マイクロソフト 4.72% マイクロソフト 6.08%
3 アマゾン・ドット・コム 3.15% アマゾン・ドット・コム 3.40%
4 メタ・プラットフォームズ 1.80% グーグル 2.12%
5 グーグル 1.80% テスラ 1.98%
6 グーグル 1.61% グーグル 1.98%
7 テスラ 1.39% メタ・プラットフォームズ 1.93%
8 エヌビディア 1.10% エヌビディア 1.59%
9 jpモルガン 1.09% Berkshire Hathaway Inc 1.49%
10 Berkshire Hathaway Inc 1.05% ジョンソン&ジョンソン 1.18%
11 ジョンソン&ジョンソン 0.95%  ユナイテッドヘルス・グループ 1.16%
12 ビザ 0.83% jpモルガン 1.14%
13 ユナイテッドヘルス・グループ 0.82% P&G 1.01%
14 ホーム・デポ 0.77% ホーム・デポ 1.01%
15  P&G 0.76% ビザ 0.98%
16 バンク・オブ・アメリカ 0.72% マスターカード 0.87%
17 ウォルト・ディズニー 0.69% バンク・オブ・アメリカ 0.87%
18 マスターカード 0.68% エクソン・モービル 0.84%
19 ペイパル・ホールディングス 0.68% ファイザー 0.77%
20 アドビ・システムズ 0.61% ウォルト・ディズニー 0.68%

主要上位銘柄を見ますとそこまで差がないですが、VOOの方が上位銘柄への投資比率が若干高いですね。VOOの方が分散数がVTIよりも少ないため、時価総額の高い企業への投資比率が高いです。




4.VTIとVOO各期間での比較

年明け早々から始まった2か月間の下落相場ではこのような結果になりましたが、過去にさかのぼって現在までのパフォーマンスを比較してみます。

※期間別のパフォーマンス比較

1カ月 6か月 1年 5年 10年
VTI -7.18% -9.23% 5.74% 73.09% 298.28%
VOO -6.97% -7.00% 9.87% 76.75% 306.40%

各期間で見てみても、VTIよりもVOOが良いパフォーマンスを上げています。

下落相場でも上昇相場でも、VOO(S&P500)の方が、VTI(全米企業)よりも優秀であるという結果になっています。

 

5.まとめ

前回の記事では上昇相場中のVTIとVOOのパフォーマンスを比較し、VOOが勝利していましたが、下落相場である現在においてもVOOの方が、パフォーマンスが良いという結果になりました。

今回の下落相場を見たときにVTIとVOO、どっちがいいのか。

今回の下落相場でも、過去10年間のデータでも、結果だけを見てみると、投資をするのであればVOOの方が良いパフォーマンスを上げる確率が高いということになります。

これから先についても、確率で考えればVOOに投資すべきという結論に至りました。ただ、確率は高いというだけで、100%はこの通りになるという保証はありません。投資はあくまで自己責任。パフォーマンスはさほど変わりませんので、どちらに投資しするかは、最終的に個人の判断で良いと思います

 

関連記事

【全米 VS S&P500】バンガード社ETF VTIとVOOとの比較。どちらが良いのか

投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング


↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ


"PVアクセスランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。