VYM:バンガード・米国高配当株式ETFの利点を調べてみました。配当金はもちろん、値上がり益も狙らう。

VYM:バンガード・米国高配当株式ETF

米国株の高配当ETFで知られる、VYM。バンガード社の商品です。

最近になってとても気になり、購入を決定しました。どんな株でどのようなメリットがあるのか調べてみます。

↓↓↓のバナーを押してくれるとありがたいです!ランキングに参加してます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 




特徴

バンガード・ハイディビデンド・イールドETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)は 、米国籍のETF(上場投資信託)。平均以上の配当を出す普通株で構成されるFTSEハイデ ィビデンド・イールド指数に連動する投資成果を目的とする。時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定。

※出典先:bloombergより。

 

ざっくりいうと、平均以上の高配当株で、時価総額加重平均で保有銘柄の割合を決めているようです。時価総額が大きい企業ほど、ファンドの投資割合が増えるということですね。




①構成銘柄

大型の高配当株のETFと言われていますので、どんな企業で構成されているのか調べてみました。

組み入れ上位20銘柄をみましたが、有名どころが多いですね。配当もしっかり出している企業ばかりです。

投資先は非常に多岐にわたっており、トータルで407銘柄に分散投資しているようです。

分散数の多さから、リスクは低いということになります。




②1株当たり配当金

1年間に4回。配当金が出ます。

4年間で

2.4011$ → 2.6492$ → 2.8418$ → 2.9061$

常に増配していますね。

2020年、コロナ禍であっても配当金が伸びています。

この先も増配が加速していきそうですね。




③経費率

0.06%と非常に低コストで運用されています。この低さならばまったく問題ないと思います。

 

④値上がり益

直近1年間の値上がりは、89$ → 109.67$

一株当たり20.57$、23.2%上昇しています。

5年間でみると、+47.15%です。

※他の銘柄との参考比較

SPYD:5年間で 16.15%

HDV:5年間で 20.99%

VIG:5年間で 95.90%




まとめ

①構成銘柄

407もの企業に幅広く分散投資。有名企業に投資しています。投資先が多岐にわたり、低リスク

②1株あたり配当は増配が続く。

4年連続増配。今後も増配が続く見込みがあり、早く買うほど長期的に配当が増えていくことになります。

③経費率

0.06%という超低コスト。経費はほぼ掛からないと考えていいですね。

④値上がり益

値上がり益も5年間で45%も上昇しており、配当をもらいながら、価値が上がると考えてよさそうですね。

配当金収入によるキャッシュフロー改善を改善しつつ、値上がり益も狙える。一石二鳥。

以上の結果から、ポートフォリオに入れておきたい銘柄だと思います。

ただし、投資は当然自己責任なので、情報に踊らされないように気を付けて、自分の判断で購入すべきだと思います。過去はそうであっても、未来はそうであるとは限らないですから。

 




投資成績を上げてくれるオススメ書籍について

オススメの投資本を以下にリンクしますので、一度読んでみて下さい。

オススメ!投資本 ~投資成績を上げてくれる一流の投資本~

 

Amazon 書籍ランキング

株式投資・投資信託 の 売れ筋ランキング

投資・金融・会社経営 の 売れ筋ランキング

総合売れ筋ランキング

Kindleストア の 売れ筋ランキング

Audible オーディオブック の 売れ筋ランキング

 

 

↓↓↓のバナーをポチっと押して下さい!ランキングに参加してます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

押してくださり、ありがとうございます😃
にほんブログ村 株ブログへ



"PVアクセスランキング

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です