株をすぐ売却してしまう投資家の握力を鍛える方法~三つの大原則~

結局、最大の利益を得るのは信念を持ち、握力を鍛えている投資家たちだと思う。

投資で儲かってますか?今の相場で市場にいる人は「儲かっている」と答えているひとが多いでしょう。上昇相場でまともな資産を持っていれば、当たり前の話です。

だけど投資で損するのはなぜか?

もっとも多い理由が、「保有資産の価値が目減りしていくのに耐えられず、途中で売却する」ことになるとおもいます。

では、なぜそのような事になるのでしょうか。

資産を途中で手放す理由

過去のデータでは、長期的に右肩上がりで時間を味方につけたものが勝利する。

この原則は長期投資であれば通用しますが、短期的に見て暴落の損失に耐えらえない、損失回避の法則の通り、手放す心理が働くからです。

心理的ダメージを減らし、握力を増す対策

なので、これらのダメージを最も減らすには

①長期投資を思い出す。

過去データからは株式は長期的には右肩上がりに上がるうえ、年利は各資産の中でもトップクラスなので、数十年単位で投資する。

②インデックス投資の比率を高める。

個別株は業績の影響を大きく受けるので、変動が大きくリスクが高いので、インデックス投資にする。インデックス投資であれば、精神的ダメージが減少し、そう簡単に手放さない。

③無駄な税金や手数料が発生する。

途中で売却すると、税金や手数料が掛かるので頻繁に売り買いしない。

短期取引で儲かるのは国と証券会社であなたではない。

 

これら三つの大原則を肝に銘じて、パニック時に思い返せるのなら、そう簡単に売らないはずです。

 

定期的に握力を鍛える

これら大原則を教えてもらったのは、以下の名著です。

これらの本は一度買って、一読するだけではこの原則を忘れてしまいます。

なので定期的に読んで思い出してもらう事をお勧めします。

そのことによって、メンタルが改善し、資産を簡単に手放さい握力を得ることが出来ると思います。

ただ、ダメな資産(年々価値が下がるのが目に見えている銘柄)を持ち続けることが正解ではなく、この原則はインデックスで市場平均に掛けた場合に有効ですので、そこはご注意ください。

以下が投資家の握力を鍛えることが出来る書籍一覧です。

 

敗者のゲーム[原著第8版] (日本経済新聞出版)

敗者のゲーム チャールズ・エリス(著)

 

 

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第13版> 株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダムウォーカー  株式投資の不滅の真理 バートン・マルキール(著)

 

JUST KEEP BUYING 自動的に富が増え続ける「お金」と「時間」の法則

JUST KEEP BUYING 自動的に富が増え続ける「お金」と「時間」の法則 ニック・マジューリ(著)

 

長期投資家の皆様は、市場が乱高下してもこれら名著で重要な原則を思い出し、鍛えた握力で、波乱な株式市場を乗り越えていきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!

↓のバナーを押して応援頂けると記事更新の励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株ランキング
米国株ランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です